【働く場所改革】サービス「GOWORK」をリリースいたします

地球上の空きスペースを自分の職場にできるワーケーションサービス

株式会社PLAYWORK(所在地:栃木県宇都宮市、代表取締役:掛布 篤行)は、働く場所の自由度を高めるために、地球上の空きスペースを自分の職場にできるサービス「GOWORK」をリリースいたします。当社は「遊び働く世界をつくる」というVISIONを掲げており、本サービスを通して「働く場所の改革」を進めてまいります。

▍背景 – テレワーカーの悩み
日本企業のテレワーク制度の導入率は40%。テレワークの実施場所は、自宅が84%と最も多いが、自宅の環境に61.4%が不満を抱えている。不満の理由は「自宅だと家族に気兼ねする」や「仕事をする部屋や環境が不便」という声があがっている。また、コワーキングスペース等の利用意向がある人は、テレワーク実施者のうち約58%を締めている。テレワーカーの中には自宅以外で働きたいというニーズはあるが、特に地方商圏ではコワーキングスペースの数が少なく、セキュリティ環境も整っていて安心して働ける空間が少ないという課題がある。
※参照:令和3年度テレワーク人口実態調査・国土交通省

▍内容 – 地球上の空きスペースを自分の職場にできるサービス

「GOWORK」は、地球上の空きスペースを職場にできるサービス。利用者は、GOWORKに加盟している飲食店や店舗の中で、空間と電源とセキュリティWi-Fiを利用して働くことができる。利用者は、空間使用料として、90分まで660円(税込)、90分以上終日利用で1320円(税込)を支払う。飲食店の場合はワンドリンクもサービスされる。Free Wi-Fi環境で働く場合、セキュリティが課題であったが、本サービスの加盟店は全てセキュリティWi-Fiを提供しているので、安心して働くことができることも特徴です。

▍効果 – 働く場所がもっと自由になる

「GOWORK」を利用することで、テレワーカーは自宅以外で、自由な場所で働くことができる。たとえばカフェやホテルを職場化することや、神社や仏閣で働くことも可能に。そして、非日常な空間を活用して働くことでテレワーカーの生産性が高まります。また、空間を提供するオーナーは、空間使用料という新しい収益や集客を得ることができます。

▍VISION – 株式会社PLAYWORKとは?
当社は「遊ぶように働く世界をつくる」というVISIONを掲げております。労働人口が減少していく日本の労働者の生産性を高めるために、遊ぶように夢中で働ける労働環境を開発している企業です。マイホームを購入したことで、お金で不幸になる人をゼロにするサービス「KAERU不動産」、お気に入りのカフェで気兼ねなく働けるサービス「GOWORK」を提供している。

▍関連WEBサイト
GOWORK|働く場所改革サービス
https://go-work.jp/
 KAERU不動産|買えない不動産屋さん
https://pw-kaeru.jp

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000097269.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です