「0秒出勤」可能な職場! オフィス不足な京都にシェアオフィス付きアパートメントが誕生!

不動産管理やカフェ運営など地域に密着したサービスを運営する株式会社いろは(本社:東京都品川区)は、入居者専用のシェアオフィスを併設したアパートメント『iroha + Nijo』を竣工しました。職住融合が可能なシェアオフィス付きアパートメントを紹介します。

▼シェアオフィス付きアパートメントとは
ワークスペースと居住空間を併設したアパートメントです。
住んでいる場所と仕事のスペースが同じ場所にあるため、通勤ナシの「0秒出勤」が実現可能です。
共同のワークスペースのみならず、個室のミーティングスペースの用意もあるため自由に働ける環境が整っています。
また、居住スペースは家具家電付きで初期費用無料という好条件で利用可能です。

▼紹介施設概要
名称:iroha + Nijo
所在地:京都府京都市中京区聚楽廻東町32番5
アクセス:JR二条駅 / 地下鉄東西線二条駅から徒歩13分
総戸数:3戸(+入居者専用シェアオフィス)
間取り:1K
専有面積:約20㎡
家賃:月額12万円(敷金・礼金・仲介手数料無料 / シェアオフィス利用費・光熱費込み)

▼シェアオフィス付きアパートメントの可能性
入居者専用のシェアオフィスアパートメントの可能性を2つに分けて紹介します。

可能性1:シェアオフィス需要の増加
新型コロナウイルスの感染拡大によって、シェアオフィスの需要が増加しています。
その理由は、オフィスに出社せずにテレワークや在宅ワークが増加したことによるオフィス分散なども大きな要因です。
今までもコワーキングスペースやシェアオフィスは存在していましたが、今後は居住空間が一体になったワークスペース需要も伸びていくと予測できます。

可能性2:オフィス不足
京都の地域課題として、深刻なオフィス不足が話題となっています。
単純なオフィス不足に加えて、都市部オフィスでの固定費の高さも企業の利益を圧迫していることもわかっています。
また、在宅ワークでの仕事環境への不満も多いでしょう。
居住空間と職場空間が同じでも、生活の時間と仕事の時間を切り替えやすく意識された設計なことも魅力です。さまざまなワーカーが集まるオフィスではなく、個人のための居住と一体になったオフィスが求められると考えているようです。

▼運営会社概要
名称:株式会社いろは
代表取締役:三浦 剛士
所在地:東京都品川区上大崎3-5-4 田中ビル403
設立:2016年11月
事業内容:不動産コンサルティング・管理「iroha +」 / 分散型民泊「Kamon Inn」 / カフェ「べじかふぇ wo’s(ウーズ)」 / 塗装「Re:Fine」 / レンタルスペース「Hopes」
公式ホームページ:https://iroha-house.com/
画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000044509.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です